千葉県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します

         千葉県生協連ホームページへようこそ

 
 《お知らせ》

 千葉県ユニセフ協会設立15周年記念 ユニセフのつどい2019のご案内


 設立15周年の記念となる今年の「ユニセフのつどい」は、国谷裕子さんをお招きして、国連で採択された「持続可能な開発目標 SDGs」について理解を深めます。

講演: 講師 国谷裕子さん
  海の豊かさを守ろう
     2030年に向けて、私たちにできること
      ~SDGsで未来を考えよう~

     

チラシ

 詳しくは、 こちらから・・・・


 《会員生協の活動紹介》
 【全労済千葉推進本部】
 フードバンクちばに食品を寄贈しました。




 詳しくは、 こちらから・・・・


 《被災地支援》
 ≪シリーズ・3.11を忘れない≫
―まち・住まい・コミュニティ―
「多様なチャンネルを活用して、居場所を見つけられる街に」 宮城県東松島市野蒜(のびる)まちづくり協議会

 「津波を目の当たりにして、もう養殖はやれないと思った」と阿部民子さんは言います。しかし家業である漁業から離れるわけにはいきません。 「だったら私は自分にできることで自分の居場所をつくろう」。そう考えて阿部さんは2012年10月、南三陸町の海産物詰合せを販売する「たみこの海パック」を立ち上げま津波で甚大な被害をうけた東松島市野蒜地区では、多くの世帯が近くの山林を開いて造った高台へ集団移転しました。 2017年10月にはまちびらきが行なわれています。
野蒜まちづくり協議会(以下まち協)は、住民参加のまちづくりを目指し、野蒜ケ丘の3自治会や東名・大塚など旧市街地の5自治会と協力しながら、様々な事業に取り組んでいます。した。

 詳しくは、 こちらから…

▲このページのトップへ




HOME  生協連とは  おしらせ・活動報告  会員生協のご紹介  リンク集

プライバシーポリシー  旧ホームページへ