千葉県内の生協のさまざまな活動・事業を紹介します   【注意】新型コロナウイルスの感染にご注意ください!

         千葉県生協連ホームページへようこそ

   
 《お知らせ》
   

新型コロナウイルスの感染にご注意ください

 まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください。
 咳などの症状がある方は、咳エチケットを行ってください。
 また、持病がある方などは公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

●厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルス感染症について

●千葉県ホームページ 新型コロナウイルス感染症について

●千葉市ホームページ 新型コロナウイルス感染症に関する情報

●厚生労働省ホームページ 
新型コロナウイルスを防ぐには


 《お知らせ》

全国の生協から日本生活協同組合連合会に寄せられた『台風19号被害緊急支援募金』923万138円を千葉県に寄付しました

 日本生活協同組合連合会(略称:日本生協連 代表理事会長:本田英一)は、台風19号の被害にあわれた地域の皆様を支援するため、全国156生協から寄せられた『2019年台風19号被害緊急支援募金』2億8,413万3,873円のうち、大きな被害に見舞われた千葉県への義援金として923万138円を寄付しました。
1月17日(金)、千葉県生活協同組合連合会の首藤英里子会長理事、上山精一専務理事が千葉県庁を訪問し、千葉県防災危機管理部の舘野昭彦復旧復興担当部長に目録をお渡ししました。
舘野復旧復興担当部長からは「被災地の復旧復興のために、大切に使わせていただきます」とお礼のことばをいただきました。

              
左から、千葉県防災危機管理部舘野昭彦復旧復興担当部長、千葉県生協連首藤会長理事

 
         
左から、千葉県防災危機管理部舘野昭彦復旧復興 担当部長、千葉県生協連首藤会長理事、上山専務理事

 《被災地支援》
 ≪シリーズ・3.11を忘れない≫
みやぎ生協・コープふくしまから宮城・福島のいまをお伝えします
― 地域とスポーツ—
スポーツボランティアの“人と経験”をつないでいく 宮城県仙台市/市民スポーツボランティアSV2004

「市民スポーツボランティアSV2004」(以下SV2004)は、16年前、仙台・宮城で開催されるスポーツをサポートしようと地域の人々が集まって結成した団体です。楽天イーグルスの試合や仙台国際ハーフマラソン大会など、様々なスポーツイベントにボランティアとして関わっています。代表理事の泉田和雄さんは、発足以来、仲間とともにスポーツボランティアの輪を広げ、学び合う活動を続けてきました。

 詳しくは、 こちらから…

▲このページのトップへ




HOME  生協連とは  おしらせ・活動報告  会員生協のご紹介  リンク集

プライバシーポリシー  旧ホームページへ